無料体験随時受付中! 青葉台駅から徒歩2分 芸大・美大受験予備校

青葉台美術学院 芸大・美大受験予備校

TEL 045-984-3825

〒227-0063 横浜市青葉区榎が丘1-5-5F

HOME合格者インタビュー2018年合格者インタビュー6

合格者インタビュー

平井 奈々子 さん

県立生田高等学校出身
合格大学
多摩美術大学 絵画学科日本画専攻
武蔵野美術大学 日本画専攻

いつも通り、堂々とやるのが大切

あなたにとってどんな予備校でしたか?

優しく、親身になってくれる先生が多くて良かったです。色々な科の先生から指導してもらえるので様々な視点が得られて良かったです。デッサン重視なこともあって、基礎力がしっかり磨かれたように思います。講評は、一人一人がかなりしっかり見てもらえるので勉強になりました。かなり一人一人に向けた指導をしてもらえていて、面談もとても親身になって相談にのっていただけたと思います。研修旅行やBBQも楽しかったです。教室はとてもきれいです。清潔さで不自由を感じたことはないです。駅から近い所も好きでした。

日々の制作について

入試直前までは、7〜8時に起床、11時近くまで学科の勉強、13時〜20時半がアオビでの制作、帰宅後は即睡眠という生活をしていました。
気持ちを維持する上で一番大事にしたことは、趣味はある程度節度は保ちつつもできる限り抑えないことと、定期的に友達と会ったりすることです。受験にだけ向き合っているととても辛いし視野も狭まると思うので、ある程度息抜きをすることも大事だと思いました。また、アオビのみんなと仲良くなれたので、楽しく過ごせたのは良かったです。1人では受験生活を乗り越えられていなかったと思うので友達たちの存在は本当に大きかったです。

スランプの時期などはありましたか?

石膏は本当に冬期講習の直前くらいまで形がとれなかったので、辛かったです。色々な先生たち、特に秋からきた学生講師の先生にたくさん指導をしてもらって、心持ちの改善や、より細かな対策をくり返したことで乗り越えられたように思います。

入試に向けて心掛けていたことは?

予備校でやった対策の経験です。今年はいくつか変則的な課題がありましたが、ちゃんと試験前にどんな出題にも対応できるように対策を練っていたので、それ程動揺はせずに取り組めました。緊張でガチガチになると何もうまくいかないので、いつも通り、堂々とやるのが大切だと思います。

これから受験をめざす後輩たちへ

一年は一瞬で終わってしまうし、入試では自分よりも多くの経験を積んでいるライバルがたくさんいるので時間は大切にした方が良いと思います。制作中は心が折れるときも多いと思いますが、そんなときのために心の支柱や気持ちを切り替えられる方法を持っていると良いと思います。受験とはいえ楽しんでやった方が絶対に良いと思いますが、後悔しないように頑張ってほしいです。

一覧にもどる