お問い合わせ  |  資料請求  |  AOBI体験  |  アクセス

青葉台駅から徒歩2分 芸大・美大受験予備校 青葉台美術学院

HOME合格者インタビュー2017年合格者インタビュー1

合格者インタビュー

相原 みなみ さん

県立大和高等学校
合格大学
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科 /統合デザイン学科
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科/基礎デザイン学科
武蔵野美術大学 デザイン情報学科
東京造形大学 グラフィックデザイン学科

楽しくやるのが一番!

あなたにとって、どんな予備校でしたか?

毎日飽きない場所でした。それぞれの講師の指導方法が独特でおもしろかったです。普通の塾では考えられないくらいフランクでびっくりしました。講評でも緊張せずに笑いが起こったりして楽しかったです。面談では素朴な疑問にも丁寧に答えてもらえますし、自分の過去作品についてもよく相談をしました。ipad(生徒作品閲覧用)で過去作品が見れるので自分の成長が確認出来ました。昔は出来ていたことが今は何故出来なくなったのか等、客観的に考える良い機会になりました。

カリキュラムについて

制作中はその課題に合った音楽を頭の中で流していました(楽しい)。音楽から画面作りや色といったインスピレーションを得られることも多いですし、なによりとにかく気分を盛り上げて制作をしていました。また、普段やらないような作品にも積極的に取り組んでいきました。他の人の作品を見て、良いと思うものは自分の作品に取り入れたり色々しました。それが楽しかったですし、自分の好き嫌いがよくわかりました。

休日の過ごし方は?

休日はデザイン書を見たり、小説をよんだりと好きなことをして過ごす!こっちは普段しないことをすると気分が下がるので楽しいことしかしない!!また、どんなに忙しくても1日1回は好きなことをする時間を作りました。寝る前の30分は好きなことの為にキープ!!!

受験モードにスイッチが入ったのはいつ頃?

人より危機感が薄く、高3の1月まで受験に向けたスイッチが入っていなかったです。同時にスランプになり、絵が安定しなくて焦りました。最初に受けた入試のデッサンが酷すぎました。ただ楽観的な性格なのでそれ以降吹っ切れて逆に安定しました。実技試験本番ではひたすら焦らず集中するよう心がけました。不安になったら周りの絵を見て小休止、なぜか楽しい気分に。それで余裕が生まれたのもあると思います。

学科について

「ん?」と思ったらどんどん先生に質問しました。授業中のメモはとても大切、同じことでも何度も繰り返し書き、見返して覚えていきました。書けば覚えます。あとはその日にやったことはなるべくその日に覚えることを心掛けました。寝る前や授業直後に見返したりしていました。

これから受験をめざす後輩たちへ

制作していくうえでは楽しくやるのが一番!楽しくない時は楽しいことを考える、好きな本のシーンを思い浮かべたりとか。そこから好きなものの要素を抜き出して課題に活かすこともできます。両親には心配させないように軽い感じで「いい感じだよー」って報告しとくこと、それで悩みが合ったらちゃんと相談すること。まわりにはユニークな人がたくさんいるので周りの人の作品も見て楽しんでください!

一覧にもどる