お問い合わせ  |  資料請求  |  AOBI体験  |  アクセス

青葉台駅から徒歩2分 芸大・美大受験予備校 青葉台美術学院

HOME合格者インタビュー2014年合格者インタビュー1

合格者インタビュー

梶田 菫 さん

私立桜美林高等学校卒
合格大学
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
武蔵野美術大学 基礎デザイン学科

積み重ねること、それが自信になる

”自分は受験生なんだ”という自覚

アオビには高1の基礎科から通っていましたが、いよいよ高3になり、授業も基礎科と違って毎日あるし、美大学科も始まったので、これまでとは全く違う雰囲気を感じ、”やらなきゃ!”という気持ちになりました。月~土は学校が終わると、アオビに直行、日曜日も強化コースで朝から夕方までアオビ、という日々で、ほとんど休みなく通っていました。上手く行かずに悔しい思いをしたり、ナーバスになってしまうこともありましたが、空き時間に好きな音楽を聴いたり、気分転換をすることで気持ちを維持するようにしていました。

自分の何に自信を持てばいいのか

デッサン、色彩構成、といった日々の課題には自分なりに一生懸命取り組んでいましたが、良いアイデアが出ず、ひどい作品になってしまうことも度々あり、試験の直前まで『本当にこのままで受かるんだろうか…?』と、憂鬱になっていました。これまで講師から『もっと自信を持って』と言われてきましたが、『自分の何に自信を持てばいいんだろう?』と分からずに居ました。でも試験の当日に『アオビでの三年間、自分はこれまで数多くの課題をこなしてきた。』ということを思い出し、落ち着いて試験に取り組むことが出来たんです。

気軽に話せる講師陣

講師の皆さんは、生徒一人一人に合った指導をしてくれました。指導以外の時間も気軽に会話出来たし、制作や進路のことで悩みがあると親身に聞いてくれました。講評の時も、自分の作品の良い部分を指摘してくれたり、良くない部分があった場合は、なぜなのか、という具合に丁寧にコメントしてくれました。私は一時期大手予備校に通ったことがあるのですが、人数が多くて、全ての生徒にアドバイスが行き届かないんだ、ということを肌で感じました。でもアオビは誰もが丁寧に指導してくれるところがいいな、と実感しました。

学科対策

私は日本語としてスムーズに読みやすい英訳が出来なかったんですが、美大学科の先生に個別で指導してもらったお陰で、随分改善されました。単語をひとつでも多く憶えるために移動中の電車の中や、空いた時間を見つけては単語帳をめくって暗記するようにしていました。私はどちらかというと国語が苦手でしたが、いい参考書を見つけて、徹底的に繰り返し取り組みました。

これから受験をめざす後輩たちへ

私は特別優秀な生徒だった訳ではありませんでしたが、学科を含め、アオビで出された課題はしっかりこなしてきたつもりです。アオビには素晴らしい指導力をもった講師がいます。講師の言うことを素直に聞いて、1つ1つの課題を最後まで積み重ねて下さい。それがあなたの自信に繋がるんだと思います。

一覧にもどる